家族

日本人に多い症状

家族

川崎区の歯医者では、虫歯や入れ歯の作製など色々な診療科目が有ります。その中でも相談検するが多い治療が、歯周病です。この歯周病は、歯を支える組織が菌に破壊されていくものです。治療法としては、プラークコントロール、外科施術が行われます。

詳細を確認する...

知覚過敏の悩みも解決

医者

歯磨き剤より高い効果

最近、大船でも知覚過敏に悩む人が増加しています。そのため、知覚過敏に効果があるという歯磨き剤のコマーシャルなどもテレビで頻繁に流れています。しかし知覚過敏を根本的に治したいというときには、大船の歯科で治療してもらうのが一番です。市販の歯磨き剤を使って知覚過敏を改善するには毎日その歯磨き剤を使い続けることが必要で、しかも満足できる効果がすべての患者に現れるとは限りません。しかも知覚過敏用の歯磨き剤は、一般にふつうの歯磨き剤と比べて高価な物が多くなっています。しかし大船の歯科なら本格的なコーティングを歯にほどこしてくれるので、知覚過敏用の歯磨き剤を買い続けなくても安心して物が食べられるようになります。

知覚過敏の原因と治療法

知覚過敏の原因は人にもよりますが、最も多いのは歯磨きのときに力が入りすぎることだといわれています。したがって、特に力のかかりやすい角の部分にある犬歯が知覚過敏になる人が多く見られます。また、中高年になると歯茎全体が次第に少しずつ下の方へと下がっていくので、いままで歯茎に覆われていた部分が露出することになります。こうしたことも知覚過敏の原因であると考えられています。さらに、甘い物が好きな人が菓子類などを食べてその後に十分歯を磨かなかったりすると、糖分が口の中で酸に変わって知覚過敏の原因となります。大船の歯科ではフッ化物配合の薬剤を歯に塗布することや、歯科医院用のセメントやレジンなどのコーティング剤を使って知覚過敏を治療します。また、希望をすればホワイトニングも行なえます。ホワイトニングは歯の表面を白く美しくしてくれるので見た目も綺麗で、笑顔に自信が持てます。

透明なマウスピースを使用

Female

インビザラインは、取り外しが可能なマウスピースを使った歯列矯正です。ただし外すことができる時間は、1日4時間程度です。歯だけでなく歯茎との境目にもフィットするので、違和感なく会話できます。そのため会話やファッションを好む人が多い大阪では、インビザラインには高い需要があります。

詳細を確認する...

歯の黄ばみを取る治療

歯の模型

歯を白くする治療にラミネートべニアやホワイトニングがあります。ラミネートべニアは歯を削る必要がありますが、ホワイトニングなら歯を削らくてもいいので気軽に歯を白くできます。新宿の審美歯科ではお得な料金でホワイトニングができます。

詳細を確認する...